Maata pita guru deivam(母、父、先生、神)全ては母から

 


Maata pita guru deivam(マータ、ピタ、グル、デイバム)
“母、父、先生、神”

20代の頃、インドにいたときに、私は母親と1年ほど口をきいていなかったことがありました。
理由はすごく小さなことで、母の言ったことに傷ついたというものでした。
しかし今はどうして話していなかったのか具体的な理由を覚えてません笑
とにかく、小さいことだった。

その時に、私はインド人の友人に
母親と口をきいていないことを話したことがあります。

すると友人は言いました。

「あなたのお母さんは、口は悪かったかもしれない。しかし口が悪いのは、彼女が悪い人間だということとイコールにならない。
実際、自分は正直なことばかり言っている、悪態もついたりする。しかしそれは、お母さんを嫌うことの理由にすらならない。」

「あなたにお乳を飲ませ、食事を与え、熱が出たらあなたをおぶって、病院に連れて行ったのは誰ですか?
もう一度よく考えてみて。」

「自分は私に生を与えてくれた彼らを尊敬している。
彼らがいるからこそ私はここに存在している。」

妙にハッとしたのを覚えている。

世の中にはいろんな親がいると思う。
しかし、彼らもまた子供だった。

そして、自分だって誰かを傷つけたことがあっただろう。

実際に私は今ここに生きている。
それは、母がいたからだった。

色々な思いが頭をよぎった。
そして、結局私はまた母と普通に話すようになった。

Maata pita guru deivam(マータ、ピタ、グル、デイバム)
“母、父、先生、神”

インドでは教育の基本になっている金言で
ヴェーダ時代から示されている基本的な信条です。

サンスクリット語であり、ヒンドゥー教でも
この言葉は度々使われます。
インドの学校では誰もが習います。
尊敬すべき存在が順番になっています。

母と父はあなたがここに存在した理由です。
彼らはあなたが自分の力で動けない飲めない食べれない時から
世話をしてくれています。

そして、あなたが生まれたとき一番大事な人は誰ですか?
神でもなく、先生でもなく、父でもなく、それは母です。

あなたが生を授けられたとき、一番に胸に抱かれるのは母です。
母親は私たちの存在のために最も重要です。

そして、次に来るのが父親です。
父親は、外界の状況をあなたに示します。
世の中を知ること、生きるためのスキル、社会の中でどうあるべきかについて
を知るのに、極めて重要です。

そして、私たちが歩けるようになると両親はあなたを先生の元に連れて行きます。
色々な可能性を見つけるのには、先生が必要です。

彼らはあなたを練ります。
練られずして、例えばあなたは
おいしそうなパンになることは出来ないからです。

しかし、先生はドアにしか過ぎません。
ドアが開くときあなたは別の世界を見ます。

ドアは非常に大事です。
あなたは、先生というドアのフレームを通して見るからです。
なので、素晴らしい先生は生きる上で
本当に私たちに大きな影響をもたらしますね。

あなたは様々なことを親も含む
たくさんの先生から学びます。

そして、彼らは、彼らの知識や思考を通して
我々に神を指し示します。

神は純粋な意識、覚醒であり、本当の自分(魂)を代表します。
私たちはそれを体現しにこの世に生きます。

これがMaata pita guru deivamの精神です。

私が存在している理由。
インドの人たち、南アジアも含めですが、
彼らの両親、特に母親への愛の深さは深いです。
全ては母親から始まります。

最後まで読んでくれてありがとう!!🌟

 

                                 💓don’t worry,be happy💓

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL