2月5日はカシミールデイだった

2月5日は旧正月でしたね。
パキスタンではカシミールデイでした。

私はインドとパキスタンの両国が大好きです。
パキスタンは一回も行ったことがないですが、
いつか絶対に行くことになると思っている憧れの国です。

両国はカシミール地区の領有権をめぐり現在まで争っています。
1947年にパキスタンとインドは独立します。

元々一つの国でしたがヒンドゥー教(インド)が多い地域と
イスラム教(パキスタン)が多い地域で別々に独立しました。
カシミール地区は約4分の3がイスラム教徒でしたが
当時のカシミール地区の王がヒンドゥー教徒だったために
インド帰属を決意し、インドにカシミールを売ってしまいました。
イスラム教徒はインド帰属を求めたので、それからこの問題は始まりました。

5日は学校や会社などは基本的に休みでしたが、
パキスタンのイスラマバードでインド側のカシミール地方を支配するインド政府に
デモが行われました。

同地方の分離独立を求め89年にイスラム過激派が
インドに武装闘争を開始居て以来、これまでに4万4000人が
亡くなったと言われていますが、実際には約2倍に上ると見られているそうです。
5つの地域はインドが2つの地域はパキスタンが支配しています。

カシミール人とインド政府は現在まで戦っていますが
戦いで亡くなったカシミール人の追悼の意を込めて
パキスタンではこの日をカシミールデイとしています。

 

 

“鎖に繋がれて生きるより、自由のために戦って死ぬ方がまし。”
カシミールデイ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL