自分が小さいと感じた瞬間

こんばんわ♫

蝉も鳴き始めましたし、
夏ですね。

最近、お客様と
バリ島の話をしました。

 

大人気の観光地だから
行ったことがある人は多いのではないでしょうか。
まずバリ島ってとこは、本当に日本に比べて圧力が少ない場所で、
どういうとこに圧力が少ないって感じるかというと

 

個人的に感じるのは人がすごくリラックスモードなところです。
空港に着いたところから南国の匂いと空気で
人がだらって座ってる。
道の脇でだらって座って、チェスしてる人もいたな。
スーパー行ってもローカルレストランでも、
カウンターにもたれながらおしゃべりしたり、
そんで基本的に愛想は良い。
自然も芸術も最高に美しい。
ついでに犬も呑気。

 

世界中の人々が癒しを求めて来る✨

 

それで、話は変わって、バリ島にいたとき
ホテルを移るときにタクシーを使いました。
そのタクシーの運転手が新人さんで
全然メジャーじゃ無いホテルに行けと言ったもんだから、
カーナビも無く道が全然分かんないんです。
youtube hotelという新しく出来た少々悪ふざけな名前のホテルだったのを覚えている笑
ジャワ島からバリ島で出稼ぎに来ている純朴そうな青年だった。

 

車はカーナビが無い、彼はスマホも持ってない、
だから先々で何回も車を降りては行く人々に道を聞く。
たまたま、同僚を見つけては道を聞く。

 

このタクシーはメーター制で当然どんどん
お金はかさんでいく。
多分30分くらいで行けるところを倍くらいの時間が
かかった気がする。

 

色々迷いながらも新人さんは頑張ってくれて
なんとかしてホテルに着いた。
ほっとしていた。
しかし車を降りてみるとそこは裏口だった。
そこからは入れないことに気づいた。

 

私は暑いのと時間がかかってタクシー代が
かさんでいたこともあり少々いらついていた。

 

それで彼に怒った。
「ここは、裏口じゃないの。入れないよッ!」と。

すると彼は

私の顔を真正面から指さして

お腹を抱えて顔をくしゃくしゃにしてゲラゲラと笑い出した!!

ついでに手までバチバチと叩いて大爆笑してるじゃ無いかっ!

『ヘッヘヘヘーーーーフフフフフッーーーひっひひひー!!!』

このとき私は
全身の力が抜けて
ひたすらぽかーんとしてしまったのを覚えている。
何も言えない。
私が裏返ったような声でぷんすか怒っている
のが相当滑稽だったんだろう。

 

ショックだった。
こんな経験は日本じゃ絶対しないもんね笑

 

すごい敗北感を感じ
怒りというのは基本的には馬鹿馬鹿しい
もんなんだ。
とその時体感した。
もちろん怒りを使わないといけないときもあると思うから
要るものではあると思いますけどね。
でも基本的にこの手の怒りは要らないものかな。
だって誰が得するんだ?!

 

そんでその時に思ったのです。
『良かったじゃない。
だって無事に着けたじゃない。
メーターはかさんだかもしれないけど。
事故も無かった。
裏口に着けたかもしれないけど
そんなに大きなホテルでもないじゃあないか。
歩けばいいじゃない。(最後は正面玄関までちゃんと送ってくれた)』

 

とても教訓になった出来事で今でも一番のバリ島の思い出は間違いなくこれです。

 

バリ島のプルメリアの
花の香りのように
温かく優雅に🌼

 

そういう人になりたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL