先生(グル)にありがとう

今日はグルプルニマの日です。
グルプルニマは、グルの無私の貢献に敬意を表する日です。 興味深いことに、サンスクリット語のグルは、無知を取り除くことを意味します(Guは無知を意味し、Ruは取り除くを意味します)。

インドでは、Guru-Shishya(教師と弟子の継承)学生がより高いレベルを達成するのに役立つ純粋なつながりと見なされています。 サンスクリット語の詩– Mata Pitah Guru Daivam –は、神の役割よりも教師の役割を明確に位置付けています。 インドでは、教師はグル(知識の種をまき、闇を取り除く者)と呼ばれています。
この日、生徒たちは、教育を与えるだけでなく、価値観、モラルを育み、善悪の感覚を植え付けてくれたことを教師に感謝します。

グルプルニマの意義
ゴータムは、世俗的な愛着を非難し、悟りを開いた後、この日、サルナートで最初の説教をしたと信じられているため、この日は仏教徒によって最大限の熱意をもって祝われます。 また、この日、シヴァ神がアディグルになり、最初のグルであり、知識をサプタリシスに伝えたとも言われています。

グルプルニマは、ジャイナ教徒にとっても非常に重要です。 この日、第24ティルタンカラ–マハビラ–ゴータムスワミ(以前はインドラブーティゴータムとして知られていました)が最初の弟子になりました。 したがって、彼はグルになり、その日はグルプルニマとして観察されます。

古代インドでは、保護者が子供たちの責任をグルに託したのは、子供たちが全体的に成長するのを助けることができるのは教師だけであることを知っていたためです。
さらに、グルの重要性は、偉大なインドの叙事詩ラーマーヤナとマハーバーラタでも明確に確立されています。

 

身のまわりの先生達、そして世界中の先生にありがとう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL